QUESTIONよくある質問

TYPE配布方法の種類

配布方法の1・2・3!!!
ポスティング(チラシ配布)の配布方法

偏にもポスティング配布と言っても千差万別です。
大きく分けて ①全戸配布(軒並み配布) ②戸建住宅 限定配布 ③集合住宅 限定配布 があります。

TYPE
1

全戸配布(軒並み配布)

その名の通り指定されたエリアの全てのポストに配布致します。※禁止などは除外。

【メリット】
最も一般的な配布方法でコストも抑える事ができます。
配布への縛りが緩いので配布員も必然と配布スピードが上がります。
つまり一日の配布枚数が多くなり早くお住まいの方へアピールする事ができると言えます。

【デメリット】
広告主様のターゲットでは無いお住まいの方たちへと配布されてしまいます。
ターゲットを絞れば絞る程コスト高となってしまい、印刷コストも高くなります。コストを取るか確実を取るかです。

TYPE
2

戸建住宅 限定配布

こちらもその通りですが、一戸建て、つまり一軒家のみに配布する方法です。

【メリット】
対象が一戸建てに住んでいる場合、一番の強みと言えます。
不動産屋さん、リフォーム屋さん、ペンキ屋さん、便利屋さんなど住宅関連の方が良く利用されます。
その他意外とこんな業種も反響◎みたいな情報も持っていますので、弊社までお問い合わせ下さいね。

【デメリット】
コスト高・配布スピード遅。
必然と配布スピードが落ちるのでコストも高くなってしまいます。
更に配布期間も多めに頂く場合があります。

TYPE
3

集合住宅 限定配布

またまた、同じですが、集合住宅のみへの配布です。更に賃貸住宅限定や分譲住宅限定など多種多様です。

【メリット】
コスト抑えながら配布出来る事もあります。
勿論条件を絞れば絞る程コストが高くなってしまいますが、条件が薄ければ非常に低コストで配布できます。
こちらも不動産屋さんがNO1です。意外とパチンコ屋さん等も多いです。

【デメリット】
集合住宅は配布員が入れ易い事やコストが低い分、ポストへの投函具合がかなり多いです。
禁止の住宅も多くありお住まいの方達はかなり目が肥えている状況です。よりインパクトあるチラシ製作が重要です。

TYPE
4

この様に多くの配布方法があります。
例えば、商店限定やその逆の商店除外・指定町番地目のみ配布・戸建南向きのみ配布・1R限定配布・指定されたマンションのみの配布・etc 本当に多くの配布方法があります。
既に色々なデータなどお持ちでしたらいいのですが弊社にも多くのデータや実績がございますのでお客様それぞれにご提案させて頂けます。

最適な配布方法で最適な費用、確実反響に少しでも近づけられる様共に努力致します。

上へ

Copyright © KANTOHAIFU. All Rights Reserved.